サバイバルキャンプ2021-11月


サバイバルキャンプ11月。

全4回の最終回。

天気は快晴。だいぶ寒くなってきたけど、元気よく楽しもう!

今回のメンバーはベテランぞろい。準備も慣れたもの。とっても頼もしいです。

 

 

 

お話も早々に早速スタート。まずは素材集め。

 

 

 

今回は大きな竹を何本か使います。

 

 

 

5m以上ある竹をみんなで協力して運びます。

チームワーク抜群、意欲も抜群、どんどん進みます。

 

 

 

重たいけど頑張って!

 

 

 

 

 

 

 

どんどん切って、どんどん運べ~!

 

 

  

 

 

 

薪になるものもたくさん集めといてね~。

  

 

 

運んだ竹をロープで結んで、

  

 

 

立ち上げるよ~。みんなで力を合わせてよいしょ~!

  

 

 

立ち上げろ~~!!!!いけ~~!!!

  

 

 

第一段階完了!!

  

 

 

次はロープで引っ張って、よいしょ~~!!

 

 

やった~!立ち上がったぞ~~!!倒れないようにバランスとって。

 

 

 

今回のみんなの家の基礎が立ち上がりました。

 

 

 

 

 

追加の竹を立てかけて、しっかしした骨組みを組みます。

 

 

  

 

  

 

 

 

足りない竹を切り出して、その他のメンバーは薪集め。

  

 

  

 

  

 

 

すべての竹をロープで結んで、竹ティピーの骨組みが完成!よく頑張った!!

  

 

さあ、次は二手に分かれて焚火の準備とティピーの壁づくり。

 

 

 

 

 

火が起こったら、昼食の準備です。

  

 

焚火もばっちり。ティピーもできてきました。

 

 

 

 

お昼は鹿肉サンドイッチ、焚火で痛めたお肉を挟んでボリューム満点。おいしいね。

 

 

 

 

午後からは、狩猟体験。

まずは山と動物のお話から。しっかり学んで。

 

そして、罠猟のお話。

罠の構造と動物たちの生態を学びます。

 

 

実際に罠に触ってみよう。仕掛けを知ります。

 

 

準備万端。

 

 

山へ入って、動物の気配を探ります。

あっちにもこっちにも動物の通った跡が。。。

 

 

 

本格的に罠をかける場所を探します。

 

 

 

 

 

 

 

この辺が怪しいな~。子供たちが一生懸命考えて探した場所。

さすが、確かにここは動物たちが何度も通っている場所だね。

 

 

 

では、ここに罠をかけてみよう。みんなで罠かけのお手伝い。

 

 

 

 

 

 

 

 

ばっちり罠をかけました。明日に獲れているかな??

明日になったら見回りに来てみよう。

 

 

 

ティピーが完成したので、寝床の準備。

今日はみんなで焚火を囲んで一緒に寝ます。

 

 

寝床はもちろん、ティピーの中に焚火をするためのかまどやトライポッドを作ります。

 

 

 

 

 

 

薪を割ったり、寒い夜を超える準備ができました。

 

 

ここから夕食の準備。もちろん自分たちで作ります。

夜は鹿肉のカレーです。

 

 

あっという間にあたりは真っ暗。

 

 

カレーの準備ができたので、焚火にかけて少し待ちましょう。

 

 

 

 

 

お米もたけて、カレーも煮えたので、配膳。

  

 

 

  

 

 

それではおいしいカレーができたので、いただきま~す。

  

 

  

 

  

 

 

 

 

 

 

 

おなかもいっぱいになったら、みんなでナイトサファリ。

夜の山の中を車でドライブ。

合計3頭の鹿に出会えてみんな大興奮。

 

 

本拠地に戻って、焚火を囲んで楽しいゲームや語り合い。

   

 

夜遅くまで笑い声は絶えません。

  

 

夜食にあったかいお汁粉。冷え切った体にしみます。

だいぶ夜も更けてきて、みんなはそれぞれ寝袋に顔まですっぽり収まって、

寝てしまいました。一晩中焚火は絶えなかったけど、それでもとても寒い夜でした。

 

 

 

2日目。

やっぱり、みんなは元気。

夜の寒さなんてへっちゃらだね。

 

 

さっそく罠の見回りに行きましたが、残念!

不発でした。

 

 

 

 

 

朝のお仕事。動物たちのお世話。

  

 

焚火にあたってあったまったら、

朝ご飯を食べましょう。

 

  

 

  

 

 

 

さあ、そして今日のお仕事。

獲物の鹿を捌きます。

 

 

みんなで大きなオスジカを運びます。

 

 

 

重たいけどみんなで力を合わせて。

 

 

 

よいしょよいしょ、よいしょ~~。

 

 

 

どうにか運べたので、解体の準備。

 

 

 

まずは村長の説明と見本を見学。

動物の体は不思議がいっぱい。皮がむけるとそれはおいしそうなお肉。

 

 

 

あっという間に半分の解体が終わりました。

 

 

 

ここからみんなも手を出して、命が肉に変わる瞬間を体感します。

 

 

やっぱり刃物を普段から使っているので、とても上手。

きれいに川をはいでいきます。

 

 

体の中には心臓が。

これが生きていた証拠だね。大切にしましょう。

 

 

 

体から切り離した部位からお肉をきれいにとります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は、鹿の角をきりとって、自分たちで工作をすることに。

 

 

角が取れました。

 

 

さあ、何を作ろうかな~。

せっかく頂いた命だから本当に大切にしようね。

  

 

どうやらみんなの意見で、角を使った腕輪をつくることに。

  

 

自分たちで角を切って、穴をあけます。

  

 

  

 

ひもを通して、ビーズを通したら、完成!!

 

 

かっこいいのができました。みんなとても気に入ったようです。

世界に一つだけの宝物。大切にしてね。

 

 

 

もちろん、お肉も大切に頂きます。

今回、いろんな部位があることをしったみんなは、

それぞれ部位ごとに串にさして、どんな味がするのか試してみることに。

 

 

 

 

 

おいしそうに焼けてきました。

 

それではみんなでいただきましょう~。

「いただきます」

  

 

おいしい!でもこの部位は固いぞ、複雑な味がするぞ、、

やっぱり部位によっては食べづらい部位も。

それも勉強。

  

 

すべて美味しくいただきました。

  

 

 

あっという間の2日間ももうすぐ終わり。

みんなで2日間を振り返ります。

2日間とは思えない濃密な時間。

 

 

みんなそれぞれの個性が際立つ楽しい時間でした。

 

 

 

寒さに負けず、笑いの絶えない2日間。

 

 

体も心もとてもたくましい。

 

 

どんな困難も明るく楽しく前向きに立ち向かえるみんなは

本当に素晴らしい才能にあふれています。

 

 

まだまだ学ぶ事はたくさんあるよ。

ぜひ来年もサバイバルキャンプに参加してね。

楽しみに待っています。   村長

 

 

 

居残り特訓。

懸垂下降もばっちりです。


サバイバルキャンプ2021-11月” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。