アドベンチャーキャンプMAX!!!!2022


アドベンチャーキャンプMAX!!!!2022

アドベンチャーキャンプの最高峰!

昨年のDXに続き、今年も秘密村を飛び出して龍山中を大冒険!!

 

~DAY.1~

小学校5年生以上限定、怖いもの知らずのたくさんの参加者が集いました。

今年は、どんな冒険が待っているのか楽しみです!!!

 

 

まずは入念に、本キャンプの趣旨説明。

「知力・体力・時の運!」すべてを味方にして、

みんな一丸となって、この冒険を乗り越えよう!!!

  

 

2-3日目で2日間かけて、1000mの山頂を目指、降りてきます。

 

まずは自己紹介。仲間たちの事をよく知ろう。

 

 

 

  

 

そして、大事なチーム決め。

基本はバディ(2人組)。それが4人チームになったり、6人チームになったり。

形を変えて、ミッションを乗り越えます。

  

 

 

 

チームが決まったらそれぞれの部屋へ。

 

それでは、早速一つ目のミッション。

「宝探し。」

チームワーク、知力、体力、すべて無いとクリアできません。

 

みんな必死になぞ解きを考えております。

 

 

分かったところからスタート!!ダッシュ!!!

  

 

なかなか難しいぞ~。

  

 

最後の一つが解けない?????

 

 

ここに暗号が!!?早い者勝ち!!!

 

 

 

無事、宝探しをクリアしたので、

次は恒例の火おこしミッション。

ベテランも多いけど、初めての子もいるのでしっかり説明を。

 

 

ルールがわかったら、スタート!!

  

 

手際がいいですね。さすが!

  

 

あっという間に準備が整いました。

  

 

 

  

 

続々と火がついています。

 

 

さあ、どこが一番かな~~??

  

 

一番が決まりました!余裕です。

二番の方が嬉しそう。笑

  

 

さあ、そして今日3番目のミッションは、

「カレー選手権。」

自分たちでカレーを作るのはもちろん、オリジナルカレーを作って、

コンテストです。決め手は、「味・独創性・見た目。」

 

コンテストは食材選びから、無難に選んでも勝てない、

工夫を凝らしておいしいカレーを作ってね!

 

 

お米研ぎ、火おこし、具材切り、に分かれてスタート。

  

 

 

  

 

野菜の切り方も、それぞれ。なにやらこだわりがありそうなので、そっと見守ります。

  

 

 

 

  

 

 

 

 

なにやらとてもカレーとは思えない調理をしているチームも。。。

どんなカレーになるのか???

 

 

さあ、どうにか出来上がりました。

  

 

コンテスト用のカレーをきれいに盛り付けましょう。

 

 

6チームのカレーが出そろいました。

キムチが入っていたり、和風のカレーだったり、ダムカレーに、

餅と餃子???、とにかくオリジナリティがすごい!

  

 

どれがおいしいかな~~??まずは試食。

  

 

自分たちの作ったカレーのお味はどうですか??

  

 

それぞれ自分たちのカレーをプレゼンして。

  

 

順位が出ました!

1位はなんと、、餃子と餅のカレー。

餃子の味がカレーに溶け込んで、餅のカリカリと相まって美味!でした!!

  

 

食後は、自分たちの稼いだ秘密村通貨「ムラー」で、

明日の山登りの行動食を購入。

しっかり考えて、真剣に悩んでいます。

  

 

みんなかなり節約しています。堅実。。。

 

そして、明日の行程と持ち物の発表。

しっかり準備して今夜は早めに寝ましょう!

 

 

 

 

 

~DAY.2~

 

2日目も晴天!

どうやら予定通り出発できそうです。

 

朝ご飯をしっかり食べて、

  

 

出発の準備が整ったら、行きますよ~。

 

 

いよいよアドベンチャージャーニー出発です!!

スタートは、龍山の中心街。

今は廃校になってしまった小学校をスタートします。

暑い!

 

2チームに分かれて、

早速、ミッションが配られました。

まずは、街で食料や補給の調達。

 

 

地図と次のミッションをゲットして進みます。

  

 

地図を発見!!

  

 

龍山の街に繰り出します。

  

 

 

 

地域の方々のご協力を得て、次々と旅に必要な物資を補給します。

  

 

地図も無事ゲットして、目的地が判明!!

まずは山を登って滝を目指せ!!

  

 

炎天下の中、森の中を突き進みます。

日陰とはいえ、30度をこえる暑さ、体力を奪われます。

 

 

途中、休憩を入れ、塩分と水分をとります。

 

龍山ならではの絶景も。

 

 

さあ、いよいよ最初のチェックポイント、

不動の滝につきました。

  

 

 

ここでお昼にしましょう。

 

 

  

 

 

  

 

 

 

 

 

お昼を食べたら再出発。

 

どんどん山深くなっていきます。

 

謎の階段も。。。

 

 

 

みんなで協力して、励まし合って。

 

 

1チーム目が目的地に到着!

炎天下の中、15kmちかくも登ってきて、へとへと、、、

と思いきや、余裕の子?も??

 

 

早速、ほてった体を冷たい川の水で冷やしましょう。きもちい~~。

  

 

魚をつかまえたよ~~。

  

 

送れること25分。もう1チームも到着!!

 

みんなそろったので、本格的に川遊びスタート!!!

 

 

滝の裏に入ったり、滝つぼに飛び込んだり、、

 

 

きもちい~~。旅の疲れが一気に吹っ飛びました。

 

 

汗も流れて、すっきり。

 

 

思う存分英気を養って、明日に備えましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

催行にきもちよかった~~~。

  

 

 

さっぱりしたら、早めに夕飯です。

夕飯は自分たちで食材を選んで、作ります。

  

 

これからここで仮眠をとるので、食事は質素に山ご飯。

アルコールストーブと飯盒で作ります。

  

 

山で食べるご飯は美味しいね。

  

 

さあ、それでは、仮眠の準備。

明日朝早く出発なので、とりあえずいったん休憩。

 

 

おやすみなさい。。。

  

 

 

 

 

鹿さんもお休み中。。。

 

眠りに入ったのもつかの間、

出発の時間です。みんな眠い目をこすりながら登山の準備。

真夜中の山を山頂目指して、歩きます。

がんばっていこ~~!

 

ふと星空を見上げたら、流れ星!

幸先さいこーです。真っ暗な森をひたすら歩きます。

標高600~700mの森は風がとても気持ちよくて、みんな一様に「涼し~~!」

昨日とは大違いです。

  

 

行動食と水分をとりながら、進みます。

まだまだみんな元気!

 

だんだん夜が明け始めました。

街の方では雷が、、、夜空に雷鳴がとてもきれいです。

 

街の明かりも遠くに見えます。

未だ夜明け前なのに明るいね。

 

いよいよ日の出です。

 

天気も良くて、気持ちの良い朝。思いっきり空気を吸い込みます。

  

 

しばらく、山の朝を堪能。

  

 

 

  

 

さあ、もう少し、頑張って登ろう。

 

 

  

 

山頂直下。最後の補給ポイント。

  

 

続々到着

  

 

標高1000m、夏とはいえ肌寒い。

装備をしっかし確認して、朝食を調達。

  

 

いよいよ山頂アタックです。

 

今までとは違って急斜面。

 

息が切れます。

 

どうにかこうにか、

 

登って、登って、

  

 

 

山頂到着!!

 

山頂からの景色は最高でした。

遥か彼方に遠州灘、浜名湖、浜松の街並み、

気持ちよすぎる~~~。

  

 

ここで、朝食と、休憩。

さすがに朝早かったので、みんなとっても眠いです。

  

 

 

  

 

 

 

 

しばしの休憩をはさんで、

下山開始。

下山は山をまたいで逆側に下ります。

 

いきなりかなりの急斜面。

  

 

丸太橋もわたって、、、ひやひや

  

 

足にかなりの負担がかかります。

  

 

ようやく一段落。一気に疲れが噴き出しました。

  

 

さあ、もう一回気合を入れなおして、行こう!!

  

 

途中、この山の神様にご挨拶。

  

 

しっかり挨拶して。旅の安全を祈願します。

  

 

もうへとへと。足もがくがく。

 

途中、急に雨が降り出しました。

 

 

雨が降る中、もうゴールはすぐ。

  

 

いよいよゴールのある集落におりてきました。

  

 

急に元気が出たのか、最後は猛ダッシュ!

  

 

 

  

 

最後の子もゴール!

2日間、延べ30㎞、標高差約1,000m。

炎天下あり、雨あり、

足はもう限界、眠さも限界。

全員最後まで頑張りました!すごい!!

  

 

ゴールで待っていたのは、地元のお母さんの手料理。

朝から準備して待ってくれていました。

  

 

みんなぐったりしていたけど、

おいしそうなご飯に目が輝き始めました。

  

 

それでは、感謝していただきま~す。

  

 

お腹ペコペコだったのでおいしい~~。

  

 

一旦、秘密村に戻って、

しばしの休息。

しっかりお昼寝して、この後に備えます。

 

 

午後からは、屋台村の準備。

チームごとに屋台をつくって、自分たちの食べたいものを出し物として作ります。

  

 

まずは、看板づくり。みんななかなかの出来です。

  

 

 

 

 

 

 

看板の準備ができたら、いよいよ調理。

それぞれかなりのこだわりがあるようで、かなり真剣です。

  

 

おいしそうなデザートが出来上がりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

準備が整いました。

それでは始めましょう~。

  

 

いらっしゃい、いらっしゃい。

おいしいのがあるよ~。

お互いに屋台をめぐります。

  

 

定番もあれば、ちょっと風変わりなのも、、

どの屋台もとってもおいしいです。

  

 

スタッフが作った屋台もおいしいものがいっぱい。

  

 

盛り上がっています!

  

 

 

  

 

突然、仮面のヒーローが現れたり、

  

 

いろいろ笑いの絶えない屋台村でした。

 

 

 

 

屋台村の後は、キャンプファイヤー。

みんなで火を囲んで、楽しい時間。

  

 

踊り狂っています。

声がかれるまで、叫んでいます。

  

 

 

  

 

最後はまったり。

 

 

キャンプファイヤーの後には肝試しと、打ち上げ花火。

盛りだくさんの夜の部も。あっという間に過ぎていきました。

 

 

 

 

~Day.3~

 

いつも通りの朝、

ちょっと疲れ気味のみんな。

とっても静かな食卓。

 

 

 

 

とおもったら、みんな昨夜踊り足りなかったのか、

急に踊り出しました。

 

 

かなりのハイテンション。

 

 

最後は、スイカ割で締め。

  

 

苦戦。

 

 

 

 

われました~~!

  

 

 

  

 

 

長かった4日間も、もうすぐ終わり。

最後のお昼ご飯。

 

 

みんなには頑張った証、「アドベンチャーメダル」贈呈。

 

 

 

4日間を振り返って、感想を語り合います。

 

 

 

 

 

 

 

いろいろ大変だったけど、一丸となって頑張りました。

 

 

これを乗り越えたのだから自信を持って!

 

 

 

怒涛の4日間、山あり谷あり、川あり町あり、

みんなで支え合って、乗り越えた山。

汗はもう出ないってくらい出し切った。

足は棒、膝はガクガク。顔は無表情。

だけど、そのあとに待っていた川は最高だった。

美味しいご飯は、いつも以上に有難かった。

 

家族とは中々できない貴重な体験。

仲間とだからできた最高の体験。

思い返せばいつも笑いが絶えなかった4日間。

 

これがみんなの生きる糧に少しでもなってくれたら嬉しいです。

まだまだ夏休みは続くけど、最高の夏休みにしてね~~!!!!!!!!

また会おう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アドベンチャーキャンプMAX!!!!2022” への2件のフィードバック

  1. 村長〜アドベンチャーキャンプ⛺️MAX とても楽しかった ありがとうございます 来年も行きたいです‼︎

    1. イモリ君参加ありがとう~。たのしかったね~。
      来年もいろいろ考えているから、ぜひ参加してくれ!大歓迎だよ~!!

      村長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。