『命をいただく』


10月22日、暴風雨の後、青空。

この日は毎年恒例の「命をいただく」日。

鶏の屠畜を通して、いただきますの意味と

食と命のつながりを体に染み込ませます。

今日は5組の親子と、スペシャルゲストで地域のご夫婦も参加しました。

村長特製の紙芝居で、家畜の意味、となぜ命をいただくのかを子どもたちにも

分かりやすく説明します。

秘密村の鶏から今日は1羽を子どもたちの手で自ら選びます。

絶命させるためのナイフをこれも子どもたち

の手で入れます。

流れ落ちる血の温かさに先程まで生きていた実感を感じます。

お肉を大切に頂くため、丁寧に切り分けます。

 

最後は、全て美味しくいただいて、食への感謝の気持ちを

より強くしました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です