アドベンチャーキャンプ2018(低学年)


アドベンチャーキャンプ2018(低学年)

第一日目

待ちに待った、
2018年アドベンチャーキャンプ低学年向けついに始まりました!!

お陰様でたくさんの応募をいただきまして、満員御礼!!
たくさんの子どもたちが集まってくれました!!

まずは、オリエンテーションから、

 

キャンプの日程や安全に過ごすため、それから大事なルールを確認します。

ルールはいたってシンプル。

・自分のことは自分でやる。
・仲間、自然を大切に。
・楽しく、元気よく。

さあ、ルールの確認ができたら、いよいよ自己紹介タイム。

 

自分の名前はもちろん、今回キャンプでやりたいことを発表します。

  

川遊びに肝試し、

  

焚火など、わんぱくな遊びがいっぱいです。

  

みんなもじもじ頑張って発表しました。

 

 

  

 

  

さあ、次はいよいよ秘密村探検。

はじめての子も、たくさん来たことがある子も、

一緒になって、秘密村を探検。

 

川の近くや山の中、みんなで歩きます。

 

秘密基地に到着したら、

もう我慢できなくなって、遊び始めてしまいました。笑

 

とにかくわんぱくなこどもたち。

 

ノンストップで遊びまくりです。

  

 

 

次は、川とプール。

ここでもすぐに遊び始めます。

 

もう止められません。

 

クライミングも、みんな一斉に飛びついて、

がしがし登っちゃいます。

 

秘密の池には、生き物がいっぱい。
中には池にどぼんしちゃった子も。。。

 

さあ、ようやく本部に戻ってきました。

まずは、テント割を決めます。みんな仲良く。

6つのテントに分かれました。

テントに荷物を詰めたら、『火おこし講座』。

秘密村での生活には最も必須の技術です。

 

一生懸命村長のお話に耳を傾けます。中には去年のリベンジを誓う子も。

 

 

さあ、準備ができたらいよいよチーム対抗「火おこし選手権。」

 

イスにくくられた、麻ひもを火を起こして切ったチームが勝ち!

 

村長にならったとおりに、みんなで協力して準備します。

 

さあ、火をつけることができるのか!

 

男の子も女の子も必死です。

 

中々簡単にはつきません。

 

だんだん火が起きてきました。

 

がんばれがんばれ!!

 

そして、ついに紐が切れるチームが出ました!

なんと1位は女子チーム!!

2位3位も続いて女子チーム!!

   

男子チームは残念ながら、4,5,6位でした~。

   

それでも、みんな予想以上の手際の良さでとても協力して、よく頑張りました!

さあ、しばしの休憩をはさんで、

 

  

いよいよ夕飯づくり。

今回は自分たちで火を起こして、その火でお米を炊きます。

 

早速、先程身に付けた技術が役に立ちます。

 

みんなあっという間に火を起こして、お米を炊いてしまいました。

夕飯は自分たちで炊いたお米でカレーです。

 

自分で炊いたお米、みんなで食べるカレー。外での食事。

 

今夜のカレーは格別だったみたいで、みんな何度もおかわりしていました。

 

 

 

ごちそうさまでした~。

    

満腹になったらみんなテントに入ってお休み~。

 

 

 

 

第二日目

二日目、みんな日の出とともに起きてきました。

やるきまんまん。

 

朝ごはんでしっかり腹ごしらえ。

 

 

昨日の火おこし選手権優勝チームにアドベンチャーメダルが授与されました。

 

 

やったね!

二日目の午前中は、みんなでやりたいことをします。

昨日遊び足りなかった子たちは、それぞれ思い思いの場所に散って、遊び始めます。

 

秘密基地では、ブランコに綱渡り。

 

プールでも元気に遊びます。

 

みんなどんどん仲良くなります。

 

こちらは焚火チーム。手慣れたものです。

川遊びチームも。

午前中後半は秘密村全体を使った宝探し!!

秘密村中に散らばったアドベンチャーメダルをヒントをもとに探します。

 

早速見つけた子も!はやい!!

 

なかなかみつからないな~。

 

あった~!

 

最後の一つは山の中に、とっても難しいです。

 

いったいどこに!?

 

あった~!!最後の宝箱には3つもメダルが隠されていました!!

 

さあ、本部に戻ってお昼ご飯だ。

自分たちでにぎったおにぎりは格別かな!?

 

 

 

さあ、いよいよ川遊びの時間だ。

しっかり準備を済ませて、川に出発~!!

 

 

山をずんずん下りていきます。

 

  

するとそこにはとっても綺麗な渓谷が!

さあ、思いっきりあそぶぞ~!!

 

いきなり始まった飛込大会。

滝つぼにどんどん飛び込んでいきます。

 

 

水が冷たくてとっても気持ちいい~。ちょっと冷たすぎるかな!??

 

浮き輪とゴーグルがあればどんな深いところでも平気さ。

 

いけ~っ!!

 

 

 

 

こちらはウォータースライダーチーム。天然のすべり台!!

 

スリル満点!!

 

 

 

 

 

こんな高いところからも飛んで見せます!いってきま~す!!

 

寒い子はちょっと休憩。

 

まだまだ全開!!いっぱいあそぶぞ~。

 

 

 

 

ついに沢登りまではじまっちゃいました。

 

 

たくましい!

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

さあ、そろそろ終わりの時間が近づいてきたので、

みんなそろってハイチーズ!

 

 

 

秘密村に戻ったら、冷えた体をドラム缶風呂で温めます。

男子女子に分かれて、あ~あったかい。

 

  

朝夕は犬のお散歩と、鶏のお世話。

 

夕食前にスイカ割りがはじまりました。

 

1年生から優先でスタート。

 

なかなかの腕前。一発でスイカをたたく子も。

 

そうこうしているうちに小雨が降ってきたので、撤収。

さすがにつかれたかな~~。

 

みんな揃って夕食の時間。

 

 

 

夕食の後は、リクエストの多かった、肝試しとキャンプファイヤーをすることに。

焚火は自分たちで起こします。

 

全員の知恵と力を結集して、

 

見事大きな火が起こりました。

 

 

キャンプファイヤーの下準備が終わったら、

肝試しの時間。。。。

村長の特製こわいおはなしがはじまります。

なかには耳をふさいでいる子も。

こわいお話の後の夜の森は格別。。。

と、思いきや、一年生チーム余裕ですたすた。

むしろ、年長チームの方が怖がっていたような。。。

こわい時間の後は、楽しい時間で締めましょう。

キャンプファイヤーの時間です。

 

きれいなお月様に見守られて始まりました。

  

みんなで輪になって、スペシャルダンス。

内容は参加した子だけのひみつ。とっても盛り上がって楽しかったです。

 

どうやら、秘密村以外の地域では大雨だった様子のこの夜。

秘密村には特別な力が働いていたようです。

綺麗なお月様と神秘的な炎に見守られて、夜は更けていきました。

 

 

 

最終日

さすがにこの日のこどもたち、中々起きてきませんでした。

きっとぐっすり眠っていたのでしょう。

  

ただし、起きてしまえばみんな元気。朝から笑顔爆発です。

 

今日は最終日。最後の自由時間。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな別れを惜しむように全力で遊びました。

 

 

 

 

もっともっと遊びたい。もっともっとみんなと一緒にいたい。

 

 

 

終わりの時間が近づいてきました。

終わりの回です。

 

この三日間を振り返ります。

 

楽しかったこと嬉しかったこと。大変だったこと、たくさんたくさん思い出ができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この中でするキャンプは最初で最後、でもまたいつか会える。

みんなで過ごしたこの3日間はきっとかけがえのない思い出になるでしょう。

そして、君たちはこの3日間でとっても成長しました。

また秘密村で会おうね~。待ってるよ~。

 

みんなは立派な秘密村村民だ。

アドベンチャーキャンプ大成功~っ!!!!!!

 

ありがとうみんな~!!!!!!

 

 

村長

 

 


アドベンチャーキャンプ2018(低学年)」への2件のフィードバック

  1. アドベンチャーキャンプ、ありがとうございました!
    6歳の男児。まだまだうまく感想や説明ができずブログがアップされるのをとても楽しみにしていました。
    私たちが過ごす数日とは違った未知の数日間を彼は過ごすことが出来たと思います。
    プライスレスな経験は彼にとって財産です。
    帰ってきてからは甘えがカナリ出ていましたがキャンプの間は母親の私が見たこともない彼で過ごしていたのだと思います。
    寂しかったのは親の方・・・?!と思ってしまうくらい写真を見ると笑顔がはじけていました。
    彼にとってこの数日の経験は一生の経験だと思います。
    なかなかこうした場を提供してくれるところが限られている中、子供にとって大事なことを親である私も気づかされた思いです。
    村長さんはじめスタッフの方々、本当にありがとうございました!

  2. 素敵なコメントありがとうございます!

    子供の頃の一日、一日は本当にかけがえのないもので、たった一日でとてつもなく成長しますよね。そんな一面が家に帰ってからも垣間見えたら、ここに来た意味があるのかなーと思います。

    また、ここではおそらく家族には見せていないだろう一面を見せてくれるので、そんな一面もご家族に伝えられたらと思っています。本当に立派な6歳児でした!

    村長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です